FC2ブログ

49ers通信 恒例第9回文楽観賞会を実施(2018年9月12日)

49ersメンバーの皆さん
第九回1974年次稲門会文楽鑑賞会ご報告
集合30

9月12水曜日、雨も降らず 然程暑くもなく、観劇には最適の日となりました。
第九回74年次稲門会文楽鑑賞会は75名参加そのうち早稲田大学関係者は42名でした。72年次稲門会から2名、73年次稲門会から6名のご参加がありました。また、大先輩も2名ご参加でした。

9:55楽屋口前集合で、楽屋案内を人形遣いの豊松清十郎さんにお願いしました。
IMG_4134.jpg IMG_4158.jpg IMG_4166.jpg
衣装を入れる行李の変遷とか、大道具の背景の絵にも岩絵具が使用されているとか、毎回新しい知識が増えていくのも楽しみです。

今回の公演は、「良弁杉由来(ろうべんすぎのゆらい)」と「増補忠臣蔵(ぞうほちゅうしんぐら)」の2演目を鑑賞しました。
  良弁杉由来  増補忠臣蔵
「良弁杉由来」は、奈良時代の華厳宗の高僧である良弁が、幼い頃に鷲に拐われ、東大寺の僧に助けられたという伝説を元に書かれた母と子の再会物語です。
無事に良弁上人と母渚の方が再会出来た場面では、涙した方も多くいらっしゃった感動物語でした。
「増補忠臣蔵」は、「仮名手本忠臣蔵」のサブストーリーです。少し話の展開が難しく感じられた方もいらしたかもしれません。

終演後に、稽古場をお借りして人形遣いの桐竹紋臣さんにレクチャーをしていただきました。
IMG_4173.jpg IMG_4196.jpg IMG_4180.jpg IMG_4171.jpg
大変分かり易く楽しい解説で好評でした。的確な質問もたくさん出ました。
第9回文楽観賞会5 IMG_4214.jpg

レクチャー後、場所を近くの居酒屋「ひもの屋本店」に移して打ち上げ会を行いました。73年次稲門会から5名ご参加いただき15名で親睦を深めました。
先輩達15 幹事逹50

世界遺産である人形浄瑠璃文楽が、存続の危機に直面していることは、本当に残念なことです
私たちに出来ることは、未だ文楽を観たことの無い方々を劇場に誘い、観て聴いていただき、この世界に誇る伝統芸能に触れていただくことではないかと思います。
また来年も、是非ご家族ご友人をお誘いくださいませ。
最後になりましたが、このささやかな活動にご協力くださっている74年次稲門会に心より感謝いたします。

代表世話人 岡本早苗
世話人 北村佳子

スポンサーサイト



プロフィール

kohyoi

Author:kohyoi
1974(昭和49)年次稲門会のページです。この年卒業した全ての同期生が仲間です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード